光り物の魚を美味しく調理する方法

光り物と言われる魚は鮮度が命で、調理法によっては非常に美味しく食べられるものが少なくありません。また脂も少ないため体に良いと言われ、好んで食べる人が多い反面、魚独特のクセがあるためか苦手と言う人も多いものです。そのような苦手と言われる人でも美味しく食べられる方法があります。その代表的な方法が酢でしめることです。このようにすると光り物の魚独特の臭みが消え、すっきりとした味わいになるとともに身が柔らかくなり美味しく食べられるものです。

その代表的なものがお寿司です。お寿司のネタには様々なものがあり、マグロや鮭などの脂がのっているものも非常においしいのですが、光り物を酢でしめて握ったお寿司も見た目が非常に美しく、またすっきりとした味わいで、非常に美味しく頂けるものです。光り物なのではの独特の光沢は食欲をそそり、目でも楽しめるものとして非常に人気が高いものです。

しかし、光り物は青魚とも呼ばれ保存方法をしっかりとしないとすぐに傷んでしまうことがあり、また食中毒などにもなりやすいものとして家庭で調理するにはなかなか難しい魚でもあります。特に最近ではスーパーなどでパックで売られていることも多く、このような場合には消費期限などをしっかりと確認しないとお腹を壊してしまうこともあるため調理する際には十分に注意することが必要になります。また青魚の場合には寄生虫などがいることも多いため、できるだけ安心して購入することのできるところで購入することが非常に重要です。古くは魚屋さんなどで新鮮な青魚を販売していましたが最近ではこのようなお店が減り、なかなか新鮮なものが手に入らない状況になっているため、最近では家庭で調理すると言う事は非常に少なくなっている傾向もあります。イワシやサンマはこの種類の1種ですがなかなか生で食べると言う事はなくほとんどが焼いて食べることが多いため、あまり実感がわかないと言う人も多いのです。しかし最近では生でも食べられるようにしっかりと下ごしらえをして販売しているお店が増えており、このようなお店で購入することが唯一の家庭で食べる方法となっています。「業務用バナメイエビの仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ」など、卸売を行う側も様々な面で神経を使う食材となっており、同じように鮮度を重視するバナメイエビを卸売の出すには非常に鮮度を重視するために様々な手段を講じるのと同じように、鮮度を保つための加工法としてその切り方や保存の方法などを研究しているところが増えており、このような卸売から仕入れることも非常に良い方法となっています。