フライパンで美味しく仕上がる魚料理

アレルギー症状やアトピー性皮膚炎の緩和、生活習慣病の予防を積極的に心掛けたい人の場合、和食メニューを多めにするほうが良いと以前にも増して推奨されるようになり、特に注目されているのが魚料理を増やすことで得られる効能です。青魚に多く含まれるDHA・EPA、アルファ・リノレン酸を含有するオメガ3系脂肪酸の人気が急上昇していることで、その成分が多いとされるイワシやアジ、サバやサンマに熱い視線が注がれています。刺身や焼き魚を頻繁に食卓に載せるのは、忙しい現代人にとって難しい面もあることから、それら青魚の栄養がたっぷり封入されている缶詰の人気も高まっています。有効成分が手軽に摂れるサプリメントも人気がありますが、魚にはオメガ3系脂肪酸以外にも魅力的な栄養素が多く備わっており、バランスの良い栄養摂取のためには、やはり魚料理を賞味するほうが良いとされています。
伝統的な和食メニューの場合、刺身以外では焼くか煮るかといった調理方法になりますが、焼く場合、専用のフィッシュロースターが無い限り、ガス台のグリルの手入れなどやや面倒な面もあります。そういった場合、便利なのが、フライパンを使った調理です。フライパンというと、ソテーやムニエルなど洋風料理になる印象ですが、専用の魚焼きホイルを使えば、グリルで焼くのと同じような焼き色も付き、フタを上手く使えばグリルで焼くよりふっくらジューシーに仕上げることもできます。一般的なソテーやムニエル、ホイル焼き、アクアパッツァなど、フライパンを駆使することで作れるメニューは数多くあります。
時鮭を仕入れたい方必見!ぜひメニューにしたい絶品レシピ4選など、サケの場合、和風はもちろん、バターソテーなどフライパンで付ける焼き色が映える仕上がりとなりますが、ほかの油を使わず、サケそのものが持つ旨味たっぷりの脂を美味しく焼き上げて生かせる種類があります。通常のサケよりも3倍から4倍もの脂がのっていると言われる時鮭です。時鮭と書いて「ときしらず」と読むだけに、秋鮭の前に水揚げされることからその名で呼ばれ、産卵までまだ間があることから脂がのったままの状態で獲られます。焼きながら脂がしたたり落ちるほどで、シンプルに焼くだけでジューシーな食感で仕上がります。人気の時鮭にもランクによる違いがあり、漁をする海域や獲る方法によって脂ののりや品質にも違いが出ると言われます。業務用の時鮭を通販で仕入れる際の注意点としては、そういったランクの違いをチェックすることはもちろん、時期によって変わると言われる最適な水揚げ港の見極めなども重要になっています。